ネイティブイングリッシュは英単語のフレーズが厳選されている

ネイティブイングリッシュは英語に必要な事を学習できる

 

ネイティブイングリッシュは英語で会話をするために必要なスキルを身に付けられる学習方法です。

 

そもそも日本人はなぜ英語が苦手な理由として教材の監修者さんは、

 

英語に必要なのは自信とネイティブフレーズを身につけることだと言います。

 

応用言語学の専門家である阿部一さんは、たくさんの英語学習者に出会って気づいたのです。

 

長年学習しているのに、一向に自信を持たない学習者の多さにです。

 

相手が話した英語をきちんと聞き取れるのか、聞き取れているのか、

 

そしてそれを理解した上で正しい応答ができるのかという不安を感じて、言葉に詰まってしまい、

 

うまく喋れなくなってしまうのです。自分の英語力に完璧さを求める必要はありません。

 

持っている自分の英語でも、会話はできるのだと自信を持つことが必要なのです。

 

そして、そのうえでネイティブが使う英語を覚え、知識に増やしていくことが大切なのです。

 

そして会話を実践することも大切なことですね。

 

そのためにネイティブイングリッシュでは、ネイティブの使う英語を取り入れ、

 

リスニング力とスピーキング力をともに習得することが出来るのです。

 

ネイティブイングリッシュは、対話力を鍛えるのにうってつけの教材といえるのです。

 

 

ネイティブイングリッシュは英単語のフレーズが厳選されている

 

ネイティブイングリッシュでは、テーマと場面を細かく設定されていて、、

 

実際にネイティブが日常会話でよく使う英単語のフレーズが厳選されています。

 

会話の中にそのフレーズをバランスよく盛り込んで、

 

どんな会話もその場面が思い浮かべられるような内容にされているのです。

 

教材の意図と方向性、そしてレベルを的確にまとめ、全体のバランスが取れたものにすること。

 

そういったことまで細かく考えられ、つくられているのです。

 

ネイティブが簡単だとかんがえていても、日本人が学ぶ時にはそれは簡単ではなくなる。

 

英語と日本語の細かいニュアンスの違い。よく英語と日本語では言語感の距離が遠いと

 

言われているのですが、文法の違いがそう言われてる所以なのではないでしょうか。

 

自身の苦労を踏まえて、学習者の気持ちに寄り添える教材がつすられています。

 

もうひとりの開発者が、日本語を喋れるようになった自身の体験をふまえ、

 

思い出し、そうしたなかでいろいろなことを考え抜かれてつくられたネイティブイングリッシュだからこそ、

 

確かな実績と楽しさを踏まえた教材になっているのではないでしょうか。

 

 

ネイティブイングリッシュは他の英語教材にはないものがある

 

英語を学べるネイティブイングリッシュは、リスニング力だけでなく、スピーキング力にこだわった、

 

ネイティブに通じる英語力を身に付けられる教材です。スピーキングパワーの口コミ

 

このネイティブイングリッシュの他の英語教材と違うところを挙げるとすると、

 

音声を聞くだけにこだわったので、生の英会話をプロのナレーションで構成しています。

 

英語教育番組、CM、テレビナレーションを行うプロのナレーターを、

 

プロのエンジニア付きのスタジオで収録されています。

 

聞くだけ、なのでそこに力を入れたわけです。音質はもちろんのこと、

 

聞き取りやすいナレーションにこだわっているので、記憶に残りやすいのです。

 

多数の作品で活躍したことのあるナレーター。教育チャンネルの、

 

有名な英語教育番組のナレーションを担当したこともあるキャロリン・ミラーさん。

 

そしてナレーターだけでなく、声優、司会、シンガーてしても活動している

 

グレッグ・アーウィンさん。このようなプロを起用することにこだわり、

 

聞くことを大切に開発されたために、中身の「リスニング」に対して徹底した質にこだわっているのも、

 

ネイティブイングリッシュの信用性と内容の素晴らしさ、

 

クオリティの高さを物語っているも同然なのではないでしょうか。